タイトル

 研 究 会 設 立 の 背 景
 河川管理はこれまで、水害の防止や水資源の確保など、治水、利水を目的とした整備に重点を置いて進められてきた。 しかし、近年、河川が本来持っている自然環境の役割を見直して、 河川管理のあり方を再検討しようとする気運が高まってきた。 一方、多くの生態学研究者が、開放系であり、攪乱と修復が高い頻度で起こる河川生態系に興味を持ち、 このような環境のなかでの生物の生活や、河床、河川敷など河道に生活する生物群集が 河川の構造と機能に与える影響の研究を進めるようになってきた。 建設省(現国土交通省)は平成6年1月に環境政策大綱を定め、 河川行政においても積極的に環境を取り込むことを定め、 平成7年9月河川審議会が河川行政に対し「生物の多様な生息・生育環境の確保」「健全な水循環系の確保」などを 積極的に取り入れることを答申している。 このような状況の中で生態学と河川工学の研究者は、河川生態系に焦点をあてた研究を進め、 これまで知見の少なかった変動する環境下での生物の生活と集水域を含めた 河川生態系の機能と構造が河川環境に及ぼす影響を明らかにしつつ、 河川の本質の理解を深めることが重要であるという認識にいたった。 そこで両者が共同して河川生態学術研究会を創設し、 新しい河川管理を検討するための総合的な研究を進めることになった。

 研 究 の 目 的
 本研究は、生態学的な観点より河川を理解し、川のあるべき姿を探ることを目的として実施する。 目的の達成に向けては以下のようなテーマを設定し研究を進める。
1. 河川流域・河川構造の歴史的な変化に対する河川の応答を理解する。
2. ハビタットを類型化し、その形成・維持機構、生態的機能を明らかにする。
3. 生物現存量、種構成、生物の多様性、物質循環、エネルギーの流れを明らかにすることにより、 河川生態系の構造と機能を解明し、河川に対する生物の役割を明らかにする。 これらを用いて河川の環境容量を推定する。
4. 洪水や渇水などの河川が本来持つ攪乱などの自然のインパクト及び河道や流量の管理、 物質の流入などの人為的インパクトの影響を明らかにする。
5. 河川環境の保全・復元手法を導入し、その効果を把握・評価する。
6. 1~5に関する結果を総合し、生態学的な視点を加味した河川管理のあり方を検討する。

 研 究 の 方 法
 全国に数カ所の研究地区を設定し、同一地点において長期にわたる系統的、時系列的なモニタリングを実施する。 調査にあたっては、場合によっては環境に人為的インパクトを与える。それらの情報を研究者間で相互に交換し分析する。 また、河川生態及び河川工学的調査手法の総合化を図る。以下に本研究で行う調査内容を、 流域全体に関する項目、河川に関する項目に分類して示す。

 ●流域調査
 ・地形、地質
 ・気象、水文
 ・生物相―植生、生物リスト
 ・景観
 ・土地利用
 ・物質収支―負荷量、発生源

 ●河川調査
 
 ・水理、河道特性… 流量、水位、流況、土砂移動量、縦横断形状、粒径分布など
 ・水質………………… 水温、pH、有機物、栄養塩、微量有害物質など
 ・生物生息地………… 瀬、淵、わんど、河畔林、河岸植物帯、砂礫地など
 ・生物………………… 生物相、分布、現存量、生産速度、生息場所利用、個体群動態など
 ・生物間相互作用…… 競争・共生、食物網など

 実 施 体 制
 研究は大学などの研究者と国土交通省国土技術政策総合研究所、独立行政法人土木研究所などとの共同研究として進めるものとする。

実施体制図



 


河川生態学術研究会パンフレット[PDF 31.06MB] 多摩川研究グループ成果物リスト[Excel 60.0KB]
千曲川研究グループ成果物リスト[Excel 42.5KB] 木津川研究グループ成果物リスト[Excel 59.0KB]
北川研究グループ成果物リスト[Excel 112KB] 標津川研究グループ成果物リスト[Excel 36.5KB]